L Addictは自社メディアを通じてサービス提供者とユーザーを繋ぐお手伝いをしています。

 

サービス提供者「自社の商品を売りたいけど、集客ができない」

ユーザー「私にぴったりの商品が分からない」

 

そんな双方の悩みを解決するのが、L Addictの使命です。

インターネットを通じて価値のある情報を発信することで、ユーザーの生活水準が向上。

また、サービス提供者の利益が増えることで、社会全体の活性化にも繋がります。

 

運営メディア

(1)格安スマホの巨人

格安スマホの巨人

サイトを見る>>

■メディア運営 2017年〜

格安スマホ・格安SIMは2014年から本格的に始まった新しい通信サービスです。総務省の後押しもあり、2人に1人は格安スマホを使う時代が来ると思われます。

格安スマホに乗り換えれば、毎月の高いスマホ代を平均で40~50%安くできます。

とても便利なサービスですが、通信事業者の数は日本全国で約900社。自分で比較して契約先を決めるのは至難の業です。

 

また、使用する端末はどうすればいいのか、電話番号は引き継げるのか、デメリットはないのかなど、いざ格安スマホに乗り換えようと思ったら様々な疑問が湧いてきます。

格安スマホの巨人は、格安スマホ・格安SIMを利用するために必要な情報をすべてまとめています。

(2)巨人メディア

サイトを見る

■メディア運営 2019年〜

複数の専門サイトから構成される総合メディアです。ユーザの生活レベルを上げるための、あらゆる情報を発信しています。

 

運営理念

 

インターネットの情報なんて当てにならない・・

残念ながら、私たちが心血注いで作成しているコンテンツも、まだまだ世の中に認められているとは言えません。

嘘の情報が平然とはびこるWEBメディアの世界。そこでL Addictでは、以下の理念を元にメディア運営を行っています。

 

1.みずから商品・サービスを体験する

サービス提供者ではない私たちは、商品・サービスを深く知る必要はありません。しかし、上辺だけの情報で、本当にユーザーは満足するのでしょうか。

L Addictでは一次情報の発信にこだわっています。みずから商品・サービスを体験することで、ユーザーと同じ気持ちになり、価値のあるコンテンツを作成できると信じているからです。

 

2.ユーザーに寄り添い本当のことを伝える

良い部分もあれば悪い部分もある。これは、人間だけでなく商品についても同じことが言えます。L Addicでは、広告主となるサービス提供者から販売手数料を頂いています。

ですが、ユーザーに寄り添った立ち位置を崩してはならないと考えています。

ユーザーのためなら、あえて商品の悪い部分も指摘。また、お伝えする情報も、明確なエビデンス(証拠)を元に、本当のことを記述します。

 

3.最新情報を発信し続ける

紙媒体のメディアと比べてWEBメディアが優れている点。いくつか思いつきますが、一番大きいのが、同じ記事に対して何度も情報を更新できることでしょう。

L Addictでは一度記事をアップして、そのまま放置することはありません。記事によっては毎月新しい情報を掲載。常に新鮮な情報の充実を心がけています。

 

4.主張に対する根拠を明確にする

なぜ、この商品がランキングで1位なのか疑問に思ったことはありませんか?

L Addictでは、人に何かを主張(おすすめ)するときは根拠を明確にしています。なぜこの商品がいいのか、なぜこの行動を取った方がいいのか。

特に、複数の商品をあらゆる角度から比較するコンテンツは、主張を明確化するために必須だと考えています。

 

5.サービス提供者に話を伺う

サービス提供者がどんな思いで商品を開発したのか、パッケージだけを見ていても分かりません。そこでL Addictでは、積極的に商品説明会の参加やインタビューを行っています。

直接、担当者とお話をすることで開発者の思いが伝わり、文章に感情を乗せることができます。

L Addictはサービス提供者が秘める自社商品に対する熱い想いを、ユーザーに分かりやすくお伝えします。